HMBとプロテイン、この2つはどちらも筋肉の増強や維持に効果が期待できるということで現在かなりもてはやされています。
さらに特にHMBという成分は最近になって特に注目を浴びてきているようです。

 

これまでプロテインのみを摂取していた方の中にも、HMBも合わせて飲み始めたという方も多いのではないでしょうか。
ただ、ここで疑問があります。

 

HMBとプロテインはいったいどういったところが違うのでしょうか。

 

そこでこの2つの違いと、そして両方同時に摂取した方が良いかなどを調べてみました!

 

HMBとプロテインの違いって何?

最初にHMBとプロテインの違いを知るにあたり、両者がそれぞれどんなものかおさらいしてみましょう。
まずHMBとは大豆や肉類に含まれている必須アミノ酸の一種、ロイシンと深い関係があります。

 

というのもこのロイシンを摂取すると体内で生成されるのがHMBなのです。
そしてこのHMB、身体の中でどんなことをしてくれるのかというと、トレーニング等をした際に増強される筋肉の量をアップしてくれたり、また放っておくと進む筋肉の分解を抑えてくれるのです。

 

一方、プロテインはざっくり言えばタンパク質全てを指す単語となります。
ただ日本では、タンパク質をサプリメントとして扱う時の名称として使われることも多いようです。

 

そしてそもそも筋肉はタンパク質を主成分として構成されています。
つまりプロテインは筋肉を作る材料となるものと言えるでしょう。

 

このようにHMBとプロテインには明確な違いがあります。
プロテインは筋肉の材料となるもので、筋肉を効率良く増やし減らさないような手助けをしてくれるのがHMBというわけです。

 

HMBとプロテインは併用した方が効果的?

ここまでの話の中でプロテインとHMBの違いを説明してきました。
ここで賢明な方ならもう気付いているかもしれませんが、この二つはどちらかを摂ればそれで問題ないのでしょうか。

 

結論から言えば、この二つは併用した方がより効果的に筋肉を増強してくれると言えるのです。それは一体なぜでしょうか。
まず、HMBだけを摂取した時のことを考えてみましょう。

 

HMBは筋肉を効率良く増やしてくれるよう手助けをしてくれますが、あくまで行うのは筋肉を増やせという指示を送るようなイメージのものです。
しかし、いざ身体が筋肉を増やそうと思ってもその筋肉を作るための材料が無ければ実際には増やすことは不可能だと言えます。

 

もちろん食事だけでタンパク質が十分に足りていればHMBもその効果のほどをいかんなく発揮してくれるでしょうが、運動量が多ければ多いほど必要となるタンパク質は多くなります。
不足しないようにするためにはやはりタンパク質をプロテインで補充することは必要だと言えるのです。

 

では一方で、プロテインだけを摂取した場合はどうでしょう。
もちろん運動をしっかりすれば筋肉は増えていきます。

 

しかし、HMBを摂取すればより効率よく筋肉を増やしてくれるのです。どうせなら効果をより大きく感じたいと思うのは当然の事でしょう。
なので、HMBとプロテインは両方同時に摂取することがおすすめとなります。

 

HMBやプロテインはどうやって選ぶのが良い?

ただ、HMBのサプリメントもプロテインも現在では様々なメーカーから様々な特色を持ったものが登場してきています。
どれを選んだらよいのか迷ってしまうということもよく聞く話です。では、どんなポイントに気を付けてこれらの商品を選ぶと良いのでしょうか。

 

まずHMBですが、こちらは最初に見ておきたいのが値段です。
こう書くと当然のことだと思われますが、単純にサプリメントの量あたりの単価を見るのではないというところが重要なポイントとなります。

 

そう、あくまで見るべきはHMBの含有量です。
HMBサプリメントは様々な種類が出ていてその含有量もサプリメントによって違います。

 

見た目の量や値段にごまかされず、HMB含有量の割にお得なものを選ぶと良いでしょう。

 

またこういったサプリメントは他にも有効成分が含まれているものが多いので、それらの違いも注意して比べることがおすすめです。
そしてプロテインですが、こちらはどんなタンパク質が配合されているかを見てください。

 

特に注目すべきはホエイ、と呼ばれるものです。
このホエイは牛乳などに含まれている成分ですが、吸収が早く効率が良いので最近特にもてはやされています。

 

またゆっくり吸収されて長く効果が出るカゼインというものも重要です。
この二つがしっかりと配合されているプロテインを選べば、まず間違いないと言えるでしょう。

トップへ戻る