鍛神(きたしん)のより効果的な飲み方とは?数倍・・・

鍛神(きたしん)のより効果的な飲み方とは?数倍・・・

筋肉を増強したいと考えている方は、トレーニングだけでなく食生活やサプリメントの摂取にも気を付けている方が多いようです。
その中でも鍛神(きたしん)はかなり人気のサプリメントだと言えますが、やはりただ漫然と飲んでいるだけではその効果は期待外れとなることもあるかもしれません。

 

というのもどんなサプリメントもより効果を発揮させるには飲むタイミングや飲み方についても気を付けた方が良いのは当然だからです。
では、巷で人気の鍛神(きたしん)はどのように飲むとより効果的に筋肉を増やしてくれるのでしょうか。

 

調べてみると、飲み方によっては数倍も効果が変わる可能性がありました!

 

鍛神(きたしん)の基本的な飲み方

まずは鍛神(きたしん)の基本的な飲み方をおさらいしてみます。とは言ってもそんなに難しいものではないので、安心してください。
ちなみに鍛神(きたしん)は錠剤となっていますので、水などと一緒に流し込むのが基本です。

 

ただここで気になるのは、どんな飲み物でも問題ないかということでしょう。例えば薬では一緒に飲んではいけないものがあったりもしますので注意が必要となります。
しかし、鍛神(きたしん)はサプリメントですしそういった制限はないようで、水・牛乳・ジュース・お茶・プロテインドリンクなど大抵のものは問題がありません。

 

しかしアルコールだけは、その後トレーニングなどを行う場合も多いでしょうから避けた方が賢明だと言えます。

 

鍛神(きたしん)の効果的な飲み方!3つのポイント

ここまでで鍛神(きたしん)の基本的な飲み方はおさらいできました。
しかしさらに効果を出すために気を付けた方が良いポイントもあるのです! 

 

そこで、ここに気を付けておけばばっちり、というポイントを3点紹介していきます。かなり重要なので要チェックです!

 

継続的にきちんと飲むこと!

どんなサプリメントでもそうなのですが、継続的にある程度の期間飲み続けるということは非常に重要です。
もちろん、それは鍛神(きたしん)にも当てはまります。

 

よくある失敗パターンとしては、数日間飲んでみて効果が無いと止めてしまうというものです。
できるだけ毎日きちんと、できれば2週間から1ヶ月は様子を見て続けた方が良いと言えます。

 

何事も、継続は力なりです! 特に最初の1週間は飲み忘れのないように続けましょう。

 

飲むタイミングと量を考えること!

次に重要なポイントとしては飲むタイミングと1回あたりに飲む量が挙げられます。
例えば鍛神(きたしん)の1日分の目安は6粒が推奨となっているのですが、これをトレーニングの前や後などに一気に流し込んでも実はあまり効果が期待できないのです!

 

ではどうしたら良いのか。

 

それは、1日の推奨量である6粒を何度かに分けて飲んでいくというものとです。
例えば、起床時や朝食時に2粒・トレーニング前後のどちらかで2粒・就寝前に2粒といった形になります。

 

これはなぜかというと、鍛神(きたしん)の主成分であるHMBCaは細かく飲み分けた方がそのパワーが筋肉に伝わるからです。
ちなみに、量についてもただたくさん飲めばいいというわけではありません。

 

例えば1日あたり推奨量の2倍である12粒飲んだとしても、もちろん効果が2倍となるわけではないのです!
また多めに飲むと早めに無くなってしまいます。コスト効率を考える意味でも推奨量を守って飲むのがおすすめです。

 

トレーニングをちゃんとすること!

また最後に紹介する重要なポイントは、当然ですが鍛神(きたしん)を飲むだけでなくトレーニングをきちんとするということです。
インターネット上で口コミをみていても時々あるのがこのパターンで、鍛神(きたしん)を飲むだけで運動をせず効果が出ないと止めてしまう方となります。

 

鍛神(きたしん)は筋肉に対して様々なサポートをしてくれるものです。
そのサポートの恩恵を受けるためには負荷、つまりトレーニングが必須となります。

 

トレーニングの効果をより大きくしてくれるのが鍛神(きたしん)というわけです。
ただそうは言ってもどんなトレーニングをしたら効果が高いのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方のために、以下に参考動画を2点挙げておきます。気になる方はチェックしてみてください。

 

さらに言えば鍛神(きたしん)を飲んでいるからと言って、食事面で不摂生を続けるのもよくありません。
タンパク質をしっかり摂ることを中心としてバランスの良い食事を心がけることも、鍛神(きたしん)の効果を十二分に発揮させるためには必要不可欠なポイントです。

トップへ戻る